原発と歩んだ福島・大熊町 帰還構想と今後の課題(1) 投稿者 PMG5

BSフジ「プライムニュース」より。(前半部分)
昨年11月20日、福島第一原発があり、町の全域が原発から20km圏内の警戒区域にあたる大熊町の町長選挙が行われた。結果は、「町外移住」を掲げた新人に対し、「全員帰還」を訴えた現職の渡辺利綱氏が再選を果たした。その構想とはどんなものなのか。
 しかし、「全員帰還」には数多くの難しい問題が立ちはだかる。3月末には避難地域の見直しが予定されているが、それで「帰宅困難区域」に指定された場合、どうするのか。また国は、除染を進める為に必要な汚染土壌などの中間貯蔵施設を大熊町のある双葉郡内に建設することを要請している。双葉郡の首長の間でも意見が分かれるこの問題をどう考えるのか?
 大熊町の渡辺町長に加え、福島県選出で参議院東日本大震災復興特別委員会の委員長を務めた増子輝彦氏も迎え、原発20km圏内の現状と今後の課題について聞く。
NHK「クローズアップ現代」より。
東京電力福島第一原発事故の損害賠償。手続きの開始から4か月、被害者からは東京電力の賠償が十分ではなく、生活再建ができないという声が高まっている。「土地や自宅の賠償が保留され新しい家が買えない」「働くとその利益分、賠償金が減額される」など様々な不満が浮かび上がる。そうした中、注目されるのが国の「原子力損害賠償紛争解決センター」。第三者の弁護士が被害者の個別事情に応じて賠償額を算定、和解の仲介を行う仕組みだ。避難が長期化する中、被害者は“新たな一歩”を踏み出すための賠償を受けられるのか、その課題を探る。

原発事故への道程・前編~置き去りにされた慎重論~/NHK-ETV特集 2011年9月18日(日)

原発事故への道程・後編 ~そして安全は神話になった~ 2011年9月25日

NHK“ドキュメンタリーWAVE“より。

カウンター

(連絡先)

江戸川区東小岩4-12-8(五十嵐)

(電話)

03-5879-6809

 

mail: noradioactivity@gmail.com

 

 

 

 

 

【小出裕章 非公式まとめ】

京都大学原子炉実験所助教・小出裕章氏による情報